鼻をかんでいる女性と薬
  • ホーム
  • タミフルと併用できるもの、できないもの

タミフルと併用できるもの、できないもの

冬になると一般の風邪と共にインフルエンザが流行します。
インフルエンザには、A型とB型がありますが、予防接種を受けていたり、インフルエンザB型の場合は、高熱が出ないこともあり、風邪と間違えてしまう場合もあります。
風邪と勘違いをしたり、とりあえず熱を下げようと頭痛薬を服用した場合、症状が長引くことがあります。
頭痛薬には解熱成分も含まれているので、熱を下げることができますが、人間の体ではウイルスを追い出すために熱を発しているのでこれを抑えてしまうとウイルスをいつまでも追い出すことができなくなってしまいます。
そのため、冬に38度以上の熱が出た場合は、必ず医療機関を受診するようにしましょう。
インフルエンザに感染すると、リレンザやイナビル、タミフルといった抗インフルエンザ薬が処方されます。
これらの薬はインフルエンザのウイルスを閉じ込め、これ以上増殖しないようにしますが、ウイルスを滅亡させる力はありません。
そのため体のだるさは取れても、熱だけがいつまでも長引いてしまうこともあります。
このような時は解熱剤を使用しても良いですが、併用できないものもあります。
併用できないものには強い解熱性の鎮痛剤の成分が入っているものやアスピリン系の薬があります。
逆に併用できるのはアセトアミノフェン系や、イブプロフェン系です。
市販の頭痛薬を買う場合は、成分に注目すると良いですが、より安全なのは、処方された頭痛薬を使うことなので、必ず受診するようにしましょう。
インフルエンザは脳症や脳炎、肺炎、気管支炎、中耳炎など引き起こす感染症です。
冬やインフルエンザが流行している時期には安易に頭痛薬など飲まないようにすることが大切になります。